青の花茶と他のダイエットドリンク、ハーブティーを比較してみました。

やはり配合されている成分が違うので、比較して効果的な飲み物を挙げるのは難しいですね。

効果のある天然ハーブを多く含む青の花茶もそうですが、比較する対象のダイエット飲料も効果があるので、1番は決め難いです。

置き換えドリンクと青の花茶を比較

http://xn--sim-b73boa3s8gkogk3a2621jv35a.com/category1/entry40.html

青の花茶と置き換えドリンクを比較してみた所、短期集中で効果的なのは置き換えドリンクでしょう。

一食をダイエットドリンクに置き換えるので、体重をすぐに落とせるのがメリットです。

継続できるかどうか、置き換えドリンクと青の花茶で比較してみると、青の花茶の方が続けられるという結果になりますね。

どうしても1食置き換えをしても、食欲が止まらない時は出てきます。

その点青の花茶は、置き換えをしないで、ダイエットを続けられます。

加えて朝食なら青の花茶でも置き換えが可能です。

食前に飲めば、少ない量で満腹感を得られる食事量になるのもメリットです。

置き換えドリンクは、慣れれば満腹感も感じられて、1食置き換えを続けられるかもしれません。

青の花茶と比較して、短期でダイエットの効果を出すなら置き換えドリンクです。

継続して長くダイエットを続ける目的で青の花茶と置き換えドリンクを比較するなら、青の花茶がおすすめです。

青の花茶VS脂肪燃焼サプリで比較

青の花茶は基礎代謝を上げる効果があります。

脂肪燃焼サプリも、基礎代謝を上げる作用があるので、青の花茶と脂肪燃焼サプリを比較してみました。

サプリメントは、運動の補助に使う事が多いですが、青の花茶は運動をしないでも基礎代謝が上がり、消費カロリーが増えます。

青の花茶と比較すると、運動を前提にしたサプリメントは、少々劣りますね。

トレーニング好きの人が基礎代謝を上げたいなら、脂肪燃焼系サプリはおすすめです。

適度な運動だけで済ませたいなら、青の花茶とウォーキングで良いでしょう。

青の花茶とサプリメントを比較するのは、飲み物ではないのでどうかと思いましたが、基礎代謝の点で、青の花茶と燃焼系サプリを比較してみたのです。

運動ありきで考えるならサプリ、日々の生活で代謝を上げて消費カロリーを上げるなら青の花茶がおすすめです。

天然ハーブを含むハーブティーと比較

天然ハーブを含むハーブティーは多いですから、青の花茶と比較してみる事にしました。

とは言っても、青の花茶と比較してみて、ストレスフリーをテーマにしているダイエットのためのハーブティーは少ないです。

リラックス成分、ストレス耐性をつけるためのハーブティー。

こちらを青の花茶と比較をしてみても、青の花茶が勝っています。

単品の天然ハーブが多い

ストレス性疾患を予防する、健康促進の効果もあるアマチャヅル。

このアマチャヅルを含む青の花茶を、他のハーブティーで比較してみました。

リラックス成分の効能がある、青の花茶に含まれるラフマを含むハーブティーも比較しています。

ただ、こういったハーブは、単品で販売されている商品が多いです。

カモミールなどが一例で挙げられます。

青の花茶の様に、両方含んでいるハーブティーが少なく、比較する事は難しいです。

単品のハーブティーは多いのですが、一気に色々な効果を得たいなら、青の花茶が良いですね。

青の花茶は5種類の天然ハーブ

https://beauthylab.jp/1086

青の花茶には、バタフライピー、甜茶、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキが含まれています。

5つとたくさんの天然ハーブティーを含んでいる製品です。

全て天然成分のハーブティーで、テーマはストレスフリーでダイエットを継続させる事。

なかなか他に無い青の花茶は、比較する対象を見つけるのが難しいです。

どうしても単品のハーブティーが多い形になってしまいます。

同じダイエットハーブティーで比較

http://angela1.jp/SHOP/ABH0007.html

青の花茶と同じダイエットハーブティーで比較しようとしましたが、イマイチ同じ様な効果の製品が見当たりません。

ハーブティーはそもそもリラックス効果を求める飲み物か、健康促進のために作られています。

ダイエットのための製品は少ないく、青の花茶の比較対象にするのは、成分的に無理がありますね。

確かにハーブティーでダイエット効果がある製品はあります。

ただ、5種類もの健康促進とダイエットストレス緩和のハーブティーが少ない、単品ものが多いので青の花茶と比較出来ませんでした。

他の飲み物と青の花茶を比較する必要があります。

他のダイエットハーブティーと青の花茶の違い

青の花茶と、ハーブティーを比較すると、ダイエットに特化しているものが少ないということ。

単品のハーブティーが多いことが特徴で、青の花茶と比較できるハーブティーがありませんでした。

ダイエットに使われるハーブティーでも、ジンジャーティーやカモミールティー、フェンネルティーなどがありました。

しかしどれも青の花茶の様にブレンドされているのは少なく、ブレンドされていても、効果に関しては比較しても青の花茶が圧倒的に有利です。

ハーブティーにはデトックス効果もあり、便秘解消の効果もあります。

またリラックス効果も手に入れる事が出来るでしょう。

青の花茶は全ての効果が期待できて、比較するには他のハーブティーは効果が低いと言わざるを得ないですね。

青の花茶と他のハーブティーを比較しても、リラックス目的のハーブティーはダイエット目的で販売されていません。

違いはそこにあり、ダイエットハーブティーを買うなら青の花茶、リラックスしながらマイペースにダイエットをしたいなら、青の花茶以外のハーブを買うのも良いかもしれません。

健康促進のハーブティーもありますが、全て青の花茶で効果が期待できます。

FABIUSの製品で比較してみる

https://myfabius.jp/products/saojiru

青の花茶を販売しているFABIUSの飲み物で比較してみると、やはり目的別で作られているので、比較してもこちらが良いとは判断できません。

しっかりビタミンが取れる飲み物、酵素が摂取できるサプリなどがFABIUSにはあります。

短期的に痩せられる飲料、青の花茶は長期的に痩せる事をテーマにしています。

比較してもどっちが良いのかを決めるのは難しいでしょう。

すぐに結果を求めたいなら、青の花茶ではなく置き換えドリンクやスムージーでしょう。

必要な栄養素も摂取できるのがスムージーです。

青の花茶はリラックス・ストレスフリーなので、ビタミン・ミネラルなど様々な栄養素で比較すると、他の飲み物には劣ります。

青の花茶のメリット・デメリット

青の花茶のメリットは、長く飲み続ける事が出来て、継続したダイエットが出来る事です。

デメリットは、短期的に痩せる事をテーマにしていないことです。

もちろん、飲み始めてすぐに効果を感じている人もいます。

ですがストレスフリーで続けられるダイエットを目的として、製造されたのが青の花茶です。

すぐに痩せても辞めてしまっては意味がありません。

飲み続けて健康的な身体を手に入れて、ストレスからダイエットを辞めないためのハーブティーが青の花茶です。

結局おすすめできる飲み物は?

結論は、青の花茶を比較しても、目的が違うので一番を決める事は出来ないです。

すぐに痩せたい、必要なビタミンなどを摂りたいなら、酵素ドリンクやスムージー、置き換えドリンクがおすすめです。

ハーブティーでリラックスして、我慢によるストレスを感じないダイエットをしたいなら、青の花茶を飲むことです。

目的によって、おすすめできるダイエットドリンクは変わります。

あなたが健康を促進・維持して、ストレスなく長い目で見て痩せる事を考えているなら、青の花茶が効果的です。

比較するためのダイエットハーブティーは、単品ものや健康促進系が多く、ストレスフリーのダイエットを目的にしていません。

ハーブティーで青の花茶を比較したかったのですが、これから他社が同じ様な製品を作るかどうかです。