青の花茶はストレスフリーで無理なくダイエットが続けられる、我慢が不要のハーブティー。

ダイエットに便利な青の花茶は、アイスの方が飲みやすいと思う方もいますが、一概にそうとは限りません。

人によって飲みやすさは変わりますし、季節でも飲みやすさは変わりますから、青の花茶が飲みやすいのがアイスティーではありません。

青の花茶の作り方

http://napolipizza.xyz/

青の花茶を作る時は、沸騰したお湯で作る事が基本とされています。

ですが別に水で青の花茶の成分を抽出できるので、冷水に浸して抽出時間の2〜3分を守ればアイスで飲む事もできます。

喉が乾いていて、すぐに青の花茶をアイスティーで飲みたい場合は、沸騰したお湯にすぐ氷を入れたり、水出しで抽出すると良いでしょう。

作り方にお湯か水かは関係ないので、青の花茶のアイスが飲みたい時はいつでも作れます。

ただし青の花茶の成分を抽出する時間の目安、2〜3分は守るようにしましょう。

そうでないと何の効果も無い飲み物になってしまいます。

アイスで飲みたい時はこんな時

https://myfabius.jp/products/aonohanacha

運動後は喉が乾いていますし、体温も上がっているので、青の花茶はアイスの方が飲みやすいですよね。

それに運動後の水分補給は、かなり美味しく感じられます。

青の花茶は運動をする時のお供に、アイスティーにしてボトルで入れると飲みやすいです。

夏場もホットを飲む人は空調の効いている室内、外では青の花茶をアイスで飲んだほうが美味しく感じますよね。

暑い季節に冷たいものを飲むと、気分もスカッとします。

お風呂やサウナで汗をかいた後に、青の花茶をアイスで飲むのもオススメです。

共通するのは、青の花茶をアイスで飲みたい時は体温が上がった時や気温が高い時期となります。

ホットで飲みたい時はいつ?

https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶をアイスではなく、ホットで飲みたい時はどんな場面か?

寝る前のリラックスタイム、オフィスでの休憩時でも良いですね。

ほっと一息つきたい時は、青の花茶をアイスで飲むより、ホットの方がおすすめです。

特に寝る前は青の花茶をアイスで飲むと、お腹を冷やしてしまう可能性があります。

ホットで心を落ち着かせて、ゆっくりくつろぐ時間は有意義です。

ゆったりとした優雅な時間を味わいたい時には、アイスでなくホットが良いでしょう。

温かいものを飲むと、心が落ち着く感じがしますね。

青の花茶はリラックス効果があるので、アイスよりもホットの方が、実感できる効果は高いと感じます。

気分に合わせて温度を調節しよう

水分補給でがぶ飲みしたい時や、ゆっくりリラックスしたい時など、人は気分が一定ではありません。

状況に合わせて、青の花茶をアイスで飲むか、ホットで飲むかを決めるのが良いです。

私なら寝る前や朝はホットで、運動する時や汗をかいた後には青の花茶をアイスで飲みます。

面倒くさいと感じる時も、青の花茶をアイスにしたら、すぐに飲めるので冷たくします。

時間がないと焦りを感じている気分なら、青の花茶はサッと飲めるアイスが良いですね。

ホットは時間がある時や、家でリラックスしたい気分の時に飲みたいです。

もちろん季節と気分で、青の花茶をアイスで飲むか、ホットで飲むか決める事もあります。

季節と気温でアイス・ホットを変えてみる

やはり夏や気温が上がる季節に、青の花茶はアイスの方が飲みやすいでしょう。

ただ室内でエアコンが効いていて、涼しいならホットでも楽しめます。

冬なら青の花茶はアイスよりもホットの方が飲みやすいですね。

気温によって飲みやすさは変わるし、室温によっても飲みやすさは変わります。

気分と気温によって、青の花茶をアイスにしてみたり、ホットにしてみる臨機応変な飲み方がありますね。

青の花茶は断然アイスの方が飲みやすい!という訳ではないです。

効果もホットの方が良いと感じるかもしれませんが、そうでもありません。

飲みやすさはホットでもアイスでも、状況に応じて変わるのが事実です。

冬でも運動をすれば、体温が上がって、青の花茶はアイスの方が飲みやすい。

夏でも空調が効きすぎて寒いと感じるなら、ホットでが飲みやすいでしょう。

寝る前に飲みやすくて、快眠しやすいのはホットですからね。

運動後はアイスがゴクゴク飲める

やはり運動をすると、どうしても青の花茶はアイスの方が飲みやすいです。

運動をしなくても暑いと感じるなら、アイスの方が飲みやすいでしょう。

汗をかいた後は、青の花茶がアイスだとゴクゴク飲めますね。

その点に関しては、体温が関係しているので、体温が高いならアイスが飲みやすいのは当然です。

逆に運動をする前に、体温を上げておくならホットが良いですね。

代謝も上がるので、汗をよくかく様になります。

朝に運動をするのが良いですから、朝食にホットで青の花茶を飲むのもオススメです。

寝る前はホットがおすすめ!?

生姜を加えたジンジャーティーは、身体の芯から温めて快眠効果を促します。

ホットにするとリラックス効果も期待できますし、ジンジャーティーの効果が上がるでしょう。

寝る前のリラックスタイムはホットにした方が、アイスティーよりもいいです。

かと言って寝る前に青の花茶をアイスで飲むのは、おすすめしないと断言はしません。

青の花茶はアイスティーでも全然リラックス効果・快眠の効果が期待できます。

ただ、寝る前にはホットの方が落ち着ける、ジンジャーティーにするとジンジャーが身体の芯を温めるので、快眠効果が得やすいというだけです。

あまり寝る前の青の花茶をホットにするか、アイスにするかはこだわらなくてもいいでしょう。

猫舌の人はアイスが飲みやすいのか?

猫舌の人は熱いのが苦手なので、ホットにするとなかなか飲めないですよね。

それだと青の花茶をアイスティーにするか、冷めるまで待つかになります。

冷めるまで待つのは時間がかかりますから、ぬるま湯で抽出するのもいいでしょう。

ホットで飲みたい場合は、氷を少し入れたり自分が飲めるぐらいの温度に調節すれば良いですね。

アイスと言っても、キンキンに冷えた青の花茶のアイスティーは、逆に飲みにくいと感じるかもしれません。

寒ければ猫舌の人でも、温かいものを飲みたくなります。

ホットの温度の飲みやすさが低いだけであって、青の花茶は猫舌ならアイスの方が飲みやすいと言えません。

飲みやすいと感じるかは人それぞれ

青の花茶をアイスにした方が飲みやすいのか、ホットの方が良いのかは、人それぞれとしか言えません。

気分や季節によって飲みたい温度も変わりますし、運動後など状況が変わっても同じです。

どの季節でも温かいものを飲む人はいますし、逆に常に冷たいものを飲む人もいます。

アイスにするか、ホットにするかは、個々の状況・気分によって変えるのが飲みやすいポイントですね。

これといって青の花茶はアイスの方が飲みやすいという、具体的な根拠はありません。

それに青の花茶は、アイスでもホットでも、リラックス・ダイエットの効果は、十分に期待できます。

アイスでもホットでも効果は十分得られる!

冒頭に書きましたが、青の花茶の作り方は水でもお湯でも可能なんです。

効果を得るためにホットで抽出、飲む必要はありません。

アイスでも充分なダイエット効果・ストレスフリー効果が期待できます。

飲みやすさも青の花茶をアイスにすれば、良くなる訳でもないと分かりました。

夏にホットを置いている自動販売機はありません。

冬にアイスを置いている自動販売機も少ないです。

ただ、室内なら季節に囚われず、温度によってアイス・ホット、どちらが飲みやすいのか変わります。

効果はアイス・ホットの両方で期待できますし、飲みやすさは場面ごとに変わるというのが結論です。