気になる青の花茶の副作用ですが、色々なサイトでも情報提供されています。

色が青の飲み物は珍しく、危ないと感じる事から、青の花茶に副作用があるのでは?と懸念している人もいます。

ですから、ここで青の花茶の副作用について、詳しく説明をしていきます。

青いお茶が健康な訳がない!?

「お茶が青いのに何も危険性が無いなんておかしい!」そう思うのも仕方ありません。

実際は、青の花茶は健康的で安全性に優れています。

というのもお茶が青い理由は、天然色素によるものです。

バタフライピーというポリフェノールの一種のアントシアニンを多く含んでいるハーブは、オリエンタルブルーの色をしています。

このオリエンタルブルーは天然色素で、青の花茶の色になっているのです。

ハーブの天然色素によって、青の花茶は青くなっているだけです。

着色料を使って作っている訳ではないので、青いお茶でも危険ではないんです。

バタフライピーによる天然色素が、お茶を青くしていますから、色で危険を感じる必要はありません。

副作用の有無について

青の花茶を飲んで副作用はありますか?という質問を、公式通販サイトFABIUSのQ&Aでも見ることができます。

青の花茶による副作用は、全く心配が無いという回答です。

ただし体質によっては、青の花茶が合わない場合もあります。

アレルギーで食べられないものがあるのと同じですね。

また、薬を飲んでいる人も、青の花茶を飲むと何かしらの副作用があるかもしれません。

担当の医師、薬剤師に相談して、青の花茶を飲んでも副作用が出ないか、聞いてみてください。

青の花茶自体には、副作用はありませんが、飲む人の状況によって変わります。

体質や服用中の薬によっては、青の花茶で副作用の様な発疹やかゆみなどの症状が出るかもしれません。

青の花茶が安心できる理由

青の花茶自体には副作用が無いと、ハッキリ明記させてもらいました。

青の花茶を製造・販売しているFABIUSは、配合する天然ハーブを原材料の時点で、安全かどうかをしっかりとチェックしているからです。

そして安全が確認されたものだけを製造に使用しています。

また、最終検査では食品分析センターによる検査を受けています。

検査に通った青の花茶だけが、販売されているので、安心して青の花茶を飲むことが出来ます。

副作用の心配を青いお茶だからと心配するのも、仕方が無いことです。

しかし、製造段階から販売まで安全性にこだわり、健康的な商品になる様考慮していて、青色が天然色素だと分かると、安心して飲めませんか?

天然ハーブのみで製造

青の花茶に配合されているのは天然ハーブで、自生しているものが多いです。

日本で自生しているメグスリノキ、タイで自生しているバタフライピーなどがあります。

他には甜茶にアマチャヅル、ラフマが青の花茶に配合されています。

全て天然ハーブなので、副作用の心配はありません。

加工されたり、青の花茶に着色料を使っているなら、副作用の心配をするかもしれません。

ですが青の花茶の色はバタフライピーによる天然色素。

甘さは甜茶によるもので、甘味料も使用していません。

香料も使用しておらず、青の花茶は無臭の完全無添加です。

副作用の心配は、体質や服用している薬との相性が悪くない限り、問題ないと判断できます。

ノンカロリーで大量に飲める

青の花茶の甘さを担っている甜茶は、砂糖の70倍以上もの甘みがあります。

それなのに青の花茶はノンカロリーなのです。

他に含まれている天然ハーブも、カロリーがありません。

ですから摂取カロリーが全く無いので、肥満になって病気を起こす心配もありません。

それどころかメタボの改善効果、血圧を下げたりコレステロール値を下げる、健康を促進する効果があります。

青の花茶はノンカロリーで副作用の心配もありませんから、満腹感を感じるために多めに飲んでも大丈夫です。

人によってはお腹が緩くなる場合もあるので、飲み過ぎに注意する必要はあります。

ジュースや缶コーヒーなど甘いものを飲みすぎると、体に悪いのですが青の花茶ならそういった心配はありません。

ノンシュガーで不健康にならない

青の花茶は甜茶によるかなりの甘さがあり、かつ糖質として体内に消化吸収されないのがメリットです。

甜茶を使っているので、青の花茶はノンシュガー、糖分の摂りすぎにならないので、副作用もありません。

糖分を摂りすぎると、その時はストレス解消になりますが、イライラしがちになりますし、ストレスが溜まりやすいです。

青の花茶はそういった副作用もなく、糖分の摂取でカロリーオーバー、肥満に繋がる事もありません。

不健康になるどころか、どんどん健康的な身体を作ってくれる効果が、アマチャヅルやメグスリノキの効能で期待できます。

ノンカフェインが眠りを深くする

青の花茶はカフェインが含まれていませんから、眠りが浅くなる副作用がありません。

寝る前の一杯で砂糖を入れたコーヒーを飲みたいという人も、リラックスするために多いでしょう。

青の花茶は甘いのにノンカフェインなので、寝つきが悪くなる副作用も無いです。

覚醒作用が無く、リラックスして眠りにつく事ができます。

そしてラフマに含まれるセロトニン分泌、ノルアドレナリンとドーパミンの抑制効果で、快眠も促せます。

眠りを深くする効果が期待できるので、青の花茶でコーヒーによる副作用を回避できます。

副作用と体に合わないのは別

青の花茶には副作用が無い事が確認されていますが、体に合わない場合はなんらかの症状が出てしまうでしょう。

これは青の花茶による副作用でなく、体質の問題です。

体質のせいで青の花茶を飲めないのであれば、愛飲することは出来ません。

ですがこれが青の花茶の副作用と言われると、全く違いますので混同しないようにして下さい。

定期購入の1ヶ月目は980円で購入する事ができ、30日間は返金保証が付くので試飲期間と捉えてください。

その間に体に合うのか、青の花茶を飲んで副作用は無いのかを確認すると良いでしょう。

青の花茶を飲まない方が良い人

https://ferret-plus.com/1660

妊娠中の人は、青の花茶を飲む事はおすすめできません。

また、服用している薬によっては、青の花茶を飲んで副作用が出るかもしれません。

かかりつけ医に相談して、青の花茶を飲んでも副作用が出ないか、確認を取る必要があります。

青の花茶は天然ハーブで作られているので、副作用の心配はありませんが、体質で青の花茶が合わない場合もあります。

その場合は青の花茶を飲むと副作用が出るかもしれないので、飲むのはやめましょう。

とは言っても青の花茶を飲むまでは、副作用が出るか分かりません。

そのため、公式通販サイトのFABIUSでは、激安価格で購入できるキャンペーンを実施しています。

ラクトクコースという定期購入サービスに申し込むと、1ヶ月目は980円の購入価格です。

試し飲みして、体質に合わなければ飲まない方が良いので、返金手続きをして下さい。

安全・安心は確実!

青の花茶は原材料の段階で、安全が確認できたハーブを配合しています。

また最終検査に、日本食品分析センターを通していますから、安全性は確保できています。

青色のお茶ということで、不安を感じている人もいます。

ですが、青いのは主成分のハーブ、バタフライピーによるオリエンタルブルーの天然色素です。

安全と安心は確認できていますし、青の花茶自体に副作用はありません。

妊娠中の女性、服用している薬との併用、体質に合わないなどで、青の花茶で何らかの症状が出るかもしれません。

これは青の花茶を飲んだから、必ず副作用が出るということではないのが結論です。