青の花茶はいつでもどこでも飲めるというメリットがあります。

それに加えておすすめの、青の花茶の効果的な飲み方があるので、紹介していきますね。

時間帯や青の花茶の効果的な飲み方を知れば、ダイエット効果・リラックス効果は更に高くなるでしょう。

効果のある時間帯を意識

青の花茶の効果的な飲み方ですが、まずは時間帯を意識する事が大切なポイントです。

朝、就寝前に青の花茶を飲む事は、効果的な飲み方となります。

朝食を青の花茶にしたら効果的な飲み方になるのは、穏やかな気分で1日をスタートできるので、リラックスタイムに朝が使えます。

夜も就寝前に青の花茶を飲めば、リラックス効果で快眠が出来るので効果的な飲み方です。

こういった時間帯を意識するのが、青の花茶の効果的な飲み方のポイントの1つです。

また、食事を取る前に飲むと、お腹が少量の食事でいっぱいになります。

ストレスを感じた時も、青の花茶を飲むと、心が穏やかになってリラックスできます。

食事前に飲んで摂取カロリーオーバーを抑えるのが、青の花茶の効果的な飲み方です。

イライラした時、悩んでいる時にも、青の花茶で感情を穏やかにすることが効果的な飲み方になるんです。

飲む時間帯を意識したり、状況に応じて青の花茶を飲むことで、より効果的な飲み方になるでしょう。

就寝前のリラックスに

就寝前に青の花茶を飲むと、効果的な飲み方になるのは、青の花茶に含まれるラフマというハーブのおかげです。

ラフマはセロトニンの分泌を増やしてくれますから、寝つきもよく熟睡できます。

考え事をしていて、寝つきが悪かったり悩み事でモヤモヤして眠れない時も、リラックスすることで睡眠を促します。

今まで眠りが浅かった人も、青の花茶を就寝前に飲むと熟睡できるので、寝る前に飲むのは効果的な飲み方の1つです。

間食を無くす

ダイエット中に限らず、甘いものを食べたい時は多くあります。

特に女性の方は、間食が辞められないから、ダイエットの効果も出ない人が多いです。

青の花茶は含まれている甜茶によって、かなりの甘さがあります。

間食の代わりに青の花茶を使うのは、効果的な飲み方になるのです。

その証拠に、口コミでは青の花茶を飲み始めてから、間食をすることが無くなったという口コミが多いです。

ジュースばかり飲んで、糖分補給をする人も、青の花茶がジュース代わりになる、効果的な飲み方となるでしょう。

おやつ、ジュースを辞められて、ダイエット効果を促進できるのも、青の花茶のメリットです。

職場に持っていって、おやつ・ジュース代わりに青の花茶を代用するのも、効果的な飲み方ですね。

間食を辞めれば、無駄なカロリー・糖質の摂取を抑える事ができます。

朝食の置き換えダイエット

青の花茶は置き換えダイエットには向いていないとされていますが、朝食に青の花茶を飲んでいる人は多くいます。

しっかり健康成分は摂取できますし、昼食を取るまでのプチ断食効果も得られます。

朝食を食べない人でも、青の花茶を飲めば朝食の代わりになり、朝の置き換えは効果的な飲み方です。

ご飯を作る準備をしなくてもいいので時間もゆっくり使えます。

また、朝から食べ過ぎると眠気が取れません。

夕食を青の花茶に置き換えるのは難しいですが、朝食なら青の花茶を効果的な飲み方になる置き換えに使えます。

朝に何も食べない人はエネルギー補給もできるし、リラックス効果とストレス耐性の効果も期待できます。

そして仕事に活動的になれるという効果が加わるので、朝は青の花茶にすると、効果的な飲み方になると言って良いでしょう。

食前に青の花茶を飲む

何度も書いていますが、青の花茶を食事をする前に飲むと、自然といつもの量より早くお腹いっぱいになります。

食事前に飲んで、高タンパク・低カロリーの食事を心がければ、良いダイエットの食事メニューとなります。

必要な栄養素は吸収して、青の花茶ですぐに満腹感を得られると、摂取カロリーを抑えられます。

ただし、ダイエット中でも必要な栄養素は摂取しないと、不健康な痩せ方になります。

ビタミン・ミネラルにタンパク質を含む食事は、意識して食べる様にしてください。

そして青の花茶ですぐに満腹感を得られれば、食べすぎない効果的な飲み方が出来て、痩せる期間も早くなります。

効果的な飲み方はタイミング

時間帯を意識する。ストレスを感じた時に飲むなど、青の花茶の効果的な飲み方は、タイミングです。

他にも就寝前に飲んだり、食前に飲むことを勧めていますよね。

心がモヤモヤしたり、落ち着かない時に青の花茶でホッと一息するのも効果的な飲み方です。

青の花茶の効果的な飲み方は、飲むタイミングを知っている事です。

どういった状況の時に、青の花茶を飲むと効果的なのか理解すると、ダイエット効果もストレスフリー効果も上がります。

飲み始めは朝や就寝前、間食代わりに飲む事を心がけてみてください。

フルーツを加えて栄養補給

フルーツには豊富なビタミンが含まれていますから、青の花茶に混ぜるのは効果的な飲み方で、不足しがちな栄養補給が期待できます。

青の花茶によく使われるレモンの他にも、パイナップルやオレンジ、いちごにキウイなどがあります。

青の花茶にフルーツを組み合わせると、味も変わります。

飽きない工夫のためにも、青の花茶にフルーツを加えるのは、効果的な飲み方になりますね。

ビタミンを摂ると、消化吸収をサポートしてくれたり、美肌効果があります。

免疫機能を高めてくれたり、ダイエット促進効果も、ビタミン補給から期待できます。

青の花茶と合わせてフルーツも食べれば、美味しく飲めてビタミン補給ができます。

レモンでビタミンC補給

 

美容に欠かせないビタミンCですが、レモンには多く含まれている事は有名です。

またレモンはカリウム、マグネシウム、カルシウムといった栄養の補給もできます。

ビタミン・ミネラルを効率よく摂取できて、青の花茶と合わせると効果的な飲み方となるでしょう。

クエン酸が反応して、青の花茶が青色から紫色に変わる様子も楽しめます。

ココナッツミルクでダイエット・美肌促進

ココナッツミルクは脂肪燃焼をしやすくする、中鎖脂肪酸を多く含んでいます。

アンチエイジング効果もありますし、亜鉛・マグネシウムも含んでいます。

ココナッツミルクの他に、青の花茶に豆乳を入れた、ソイミルクティーも効果的な飲み方になります。

豆乳は植物性タンパク質を多く含んでいますから、ダイエットの時にお肉など、動物性タンパク質を控えている人に効果的です。

ホットミルクもリラックス効果があるので、乳製品を混ぜるのもおすすめです。

生姜を入れたジンジャーティーで快眠効果

生姜を入れたジンジャーティーは、快眠効果が得られるとされています。

身体の芯をしっかり温めるので、就寝前に青の花茶と混ぜ飲むのが効果的な飲み方です。

すりおろしチューブの生姜を入れて、ジンジャーティーにしている人が多いです。

生姜はデトックス効果もあるので、青の花茶と合わせるのはおすすめです。

基本はリラックス!心を安定させる時に飲む

青の花茶は我慢をしないでダイエットを続けるための、天然ハーブティーです。

心の安定が、ダイエットの継続を促します。

青の花茶の効果的な飲み方は、時間帯の意識や、フルーツなどを混ぜる事などです。

本来のテーマはリラックスですから、穏やかな感情で過ごすために飲むのが、青の花茶の基本です。

ストレスや不摂生な生活で健康な身体になっていない人は、青の花茶を利用しましょう。

効果的な飲み方を知って工夫すれば、ダイエットも健康促進もリラックス効果も得られる、万能なハーブティーとなります。